■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
辺野古基地・新設飛行場建設について Part.12
803 名前: ちゅらさん 投稿日: 2019/09/05(木) 18:56:05 ID:VPRA7e0Q [ 26.251.149.210.rev.vmobile.jp ]
>>802
内容

那覇増設滑走路をレベル1とした理由が示されてる
要約すると、現滑走路はレベル2に適合してるので増設滑走路が使用不能でも現滑走路だけの運用で目標達成が可能。よって増設滑走路のレベル2は省略する
かな

目標
地震災害による経済被害の半減を目指し、再開後の輸送規模は、極力早期の段階で通常時の50%に相当する輸送能力を確保。

検証
【那覇空港が地震災害時に確保すべき機能】
既存施設におけるレベル2対応の検討より、レベル2相当の地震が発生しても、現滑走路の供用は可能であるという結果が得られている。
また、運航再開後の輸送量として通常の50%以上を確保することが求められているが、滑走路増設後の将来需要予測結果(構想段階時点)からも現滑走路1本の運用で、輸送量50%以上を確保することが可能である。

結果
増設滑走路についてはレベル1地震動における耐震性能を満足するよう各種施設の設計を実施することとする。

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05