■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
辺野古基地・新設飛行場建設について Part.12
168 名前: ちゅらさん 投稿日: 2019/06/22(土) 10:59:34 ID:RoRH2UZg [ 22.201.49.163.rev.vmobile.jp ]
>>166
辺野古移設案は米軍主導のものだったのか?
そうとも言い切れない。
県内移設の最適地として辺野古沖だったのでは

普天間移設先「沖縄と言っていない」 モンデール元駐日大使、日本が決定と強調
2015年11月9日
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-168306.html
>翌96年に当時の橋本龍太郎首相とともに普天間飛行場返還の日米合意を発表したウォルター・モンデール氏(元副大統領)が事件から20年の節目を迎えたことを機に、琉球新報のインタビューに7日までに応じた。
 モンデール氏は米軍普天間飛行場の移設先について「われわれは沖縄とは言っていない」と述べた上で「基地をどこに配置するのかを決めるのは日本政府でなければならない」との考えを示し、移設先は日本側による決定であることを強調した。
 名護市辺野古移設計画については「日本政府が別の場所に配置すると決めれば、私たちの政府はそれを受け入れるだろう」と述べ、米政府が計画見直しに柔軟な姿勢を取る可能性にも言及した。

【翁長雄志・沖縄県知事】が本土に問い続けたことーー私たちに残された宿題とは
2018.08.21
https://biz-journal.jp/2018/08/post_24480_2.html
>米クリントン政権で国防大臣を務め、橋本政権や当時の太田昌秀沖縄県知事と普天間基地移転に関する交渉をしたウィリアム・ペリー氏も、昨年11月に放送されたNHKの『ETV特集 ペリーの告白〜元米国防長官・沖縄への旅』の中で繰り返し、「代替施設は沖縄である必要はなかった」と述べている。
「移転先を決めるのは、日本政府の選択でした。アメリカではありません」
「我々(米側)の視点から言えば、日本のどこであってもよかったのです」
「我々(日米)は他の場所も探しました。しかし、日本側は沖縄県外の移設にとても消極的だったのです」

核密約に関わったメルヴィン・レアード元米国防長官は、『NHKスペシャル スクープドキュメント 沖縄と核』(昨年9月放送)のインタビューに対し、次のように答えている。
「核を沖縄に持ち込まないのなら、ほかの場所を探さなければならない。結局、彼ら(日本政府)は沖縄を選んだ。それが日本政府の立場だった」

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05