■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
【日本最西端】 与那国島についての件を語るスレ
337 名前: ちゅらさん 投稿日: 2019/06/12(水) 15:10:10 ID:gb/L0A+Q [ ntoknw026200.oknw.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp ]
国土地理院
沖縄県・与那国島にある岩「トゥイシ」を
日本の国土を示す最も基本的な地図とされる「2万5千分の1地形図」に新たに記載した
日本最西端の地点がこれまでより北北西に約260メートル先になった。

与那国町によると、「トゥイシ」岩の名前は「とがった石」や刃物を磨く「砥石」など諸説ある。

地理院によると、与那国島の2万5千分の1地形図が1981年に作成されて以降初めて、最西端の場所が変わった。
岩の存在は「5千分の1地形図」や海図などには既に記載されており、
日本の排他的経済水域(EEZ)の面積に影響しないという。

2万5千分の1地形図では、
原則として、満潮時に7.5メートル四方以上あることを基準に島や岩などを記載している。
トゥイシはこれまで、満潮時に海面下に隠れてしまう「隠顕岩(いんけんがん)」が
ある範囲の記載があるだけで名称も示されていなかった。
国土地理院の検証チーム
2017年7月
小型無人機(ドローン)による現地調査撮影などの結果、大潮の満潮時も海面上に出ていることを確認。
与那国島の「トゥイシ」は、満潮時も海面上にあると断定し地形図へ記載基準を満たした。
2019年3月、与那国町が地形図への追加を申請し、今回記載された。
2019年6月1日から地理院のホームページでも公開している。
「2万5千分の1地形図」への記載で、
日本最西端は北緯24度26分58秒、東経122度56分01秒から、
北緯24度27分05秒、東経122度55分57秒に変わった。
与那国島の2万5千分の1地形図が1981年に作成されて以降初めて、最西端の場所が変わった。
日本最西端の地点がこれまでより北北西に約260メートル先になった。
与那国町役場
「国に認められ喜ばしい。あらためて最西端の町として観光に生かしていきたい」

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05