■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
沖縄のゲーセン事情PART14
683 名前: ちゅらさん 投稿日: 2014/03/11(火) 01:19:50 ID:d7z8+mIA [ p7001-ipngn100103yosemiya.okinawa.ocn.ne.jp ]
>>681
そもそもアベノミクス以前にゲーム業界は厳しかったんだが、2009年以降にネシカやビーマニ、湾岸4、はてはメダルゲームの釣りスピリッツなどメーカーがあらゆるゲームに課金し出したんだよ(ねしかだと1クレジット辺り35円メーカーに吸われる、50円1クレだと店には15円しか入らない)
筐体が高額化しているのにプレイ料金100円の30%超メーカーに吸われたら当然減価償却出来ない、そうすると中小オペレーターは新台購入できない、客離れ起こす、収益性の悪化、負のスパイラル

さらにソーシャルゲームの台頭によるニーズ分散
とどめが今回の増税


仰る通りアームの強さや設定次第で転嫁は可能だが、すでに運営して行く上でギリギリの損益分岐点だったので閉店ラッシュなんです。極端ですが全く取れないプライズゲームや100円でアーケドで2〜3分しか遊べなかったらやらなくなる

儲かりにくくなったって事ですね。

あとラウンドワンの決算書見てみるといいですよ



>>680
>ゲームニーズの分散、通信課金ゲームの増加はアベノミクス貧乏に入るの?
>ゲームニーズはだいぶ前から分散してるし
>通信課金ゲームもだいぶ前から増加してるし
>ゲーセンでしか出来なかった通信課金がただ単に携帯機器の普及で増加しただけでは?
>円安によるプライズ高騰、筐体の高額化はアベノミクスの影響だとは思うけど
>「消費税転嫁をプレイ料金に出来ない」についてはアームの強さやゲームの設定を
>ある程度変える事の出来るお店のさじ加減では?

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05