■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
☆★沖縄の医療事情パートV★☆
834 名前: ちゅらさん 投稿日: 2020/02/01(土) 00:07:50 ID:LYHg7mLw [ ntoknw025231.oknw.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp ]
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/jikkendoubutsu/cepi-project_ja.html
CEPI とは?
近年 様々なエマージングウイルス感染症が大きな被害を生んでいます。
これらの感染症に対するワクチン開発は重要ですが、市場規模が小さいため採算が取れず経済的に困難な課題を抱えています。
CEPI(Coalition for Epidemic Preparedness Innovations、感染症流行対策イノベーション連合)
はこのようなエマージングウイルスに対するワクチン開発を促進し、将来的な流行に備えることを目標として設立されました。
CEPIはノルウェー政府、インド政府、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、およびウェルカム トラストの出資によって
2017年にダボス会議(スイス)にて発足した、公的機関、民間機関、慈善団体および市民団体の間でのグローバルなパートナーシップです。
日本をはじめ、ノルウェー、ドイツ、カナダ、オーストラリア、ビル&メリンダ・ゲイツ財団およびウェルカムトラストは
数年にわたりCEPIに投資を行っています。またイギリス、ベルギー政府も1年間の投資を行っています。
CEPIによる支援の対象となる感染症はWHOの提唱するBlueprint list of priority diseasesから選ばれており、
ラッサ熱、MERS、ニパウイルス感染症が最初の課題として選ばれています。

今回の支那武漢Virusも CEPIの資金提供で米国とオーストラリアが主体となってワクチン開発を急いでいます。
研究者によれば過去のSARS MARSの工程から 初夏までにはワクチン投与できる体制にしたいそうです

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05