■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
☆★沖縄の医療事情パートV★☆
833 名前: ちゅらさん 投稿日: 2019/11/19(火) 10:33:12 ID:RJO97kiQ [ ntoknw009231.oknw.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp ]
ニュークックチルの導入
現在の豊見城中央病院
https://tomishiro-chp.jp/newhospital/
ではクックサーブという調理法をとっています。
加熱調理後すぐに患者様へ提供する方法でありますが、
調理後2時間以内喫食の遵守が容易ではないことや、
調理する人によって味のばらつきが出やすいことがデメリットとして挙げられています。
新病院では、
これら課題を解決すべくニュークックチルという新調理法を導入いたします。
この調理法は加熱調理後、急速冷却し冷凍保存を行い、
患者様へ提供する当日に冷凍のまま盛付し、再加熱カートを使用し
カート内で再加熱をすることで衛生管理上における基本的なルールを遵守することが可能となります。
また盛付作業を冷凍状態で行う為、時間・労力の軽減と平準化を図ることができます。
ただし、ご飯や汁物については、
当日調理であるクックサーブ方式にて提供予定としております。
ニュークックチル調理法導入により、
作業の平準化・食事の均質化に取り組み、
患者様に美味しい食事を提供していきたいと考えています。

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05