■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
ビバ!和歌山県和歌山市Part145
98 名前: 近畿人 投稿日: 2020/01/27(月) 19:46:05 ID:9+kD8gdQ [ 011001171106.wi-fi.kddi.com ]
>>56
地域別最低賃金(和歌山県)
830円
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

特定最低賃金(和歌山県)
鉄鋼業 948円
百貨店、スーパー 850円
https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/seido/kijunkyoku/minimum/minimum-19.htm

最低賃金違反があった際、労働者は労働基準監督署へ申告でき、この場合、雇用主は最低賃金額との差額を支払う必要があります。
また労働基準監督署に申告した労働者に、雇用主が解雇など不利益な取り扱いをした場合、6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金。
併せて、地域別最低賃金に違反した雇用主には50万円以下の罰金、産業別の特定最低賃金に違反した雇用主には労基法24条違反で30万円以下の罰金が科せられます。

雇用主は労働者に対し、労働時間が6時間を超えるときに45分、8時間を超えるときに1時間の休憩を与えなければなりません。休憩を与えなかった場合には、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金刑となります。

【中間搾取の排除(ピンハネの禁止)】
労働基準法 第6条
何人も、法律に基いて許される場合の外、業として他人の就業に介入して利益を得てはならない。
違反した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金刑に処せられます。

また、派遣関係ですが、建設業、港湾業、警備業、その他、医療関係では派遣が禁じられています。
https://www.jassa.or.jp/corporation/tekiyoujyogai/01.html
これらで労働者派遣事業を行った者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる場合があるとしています。

また許可の取消し、事業停止命令、改善命令等の対象にもなりますので注意が必要です。(派遣法第59条第1号、第14条、49条)

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05