掲示板に戻る | ルール(必読) | レスを全部読む | 最新レス50
神奈川の民俗・歴史 1
1 名前: シーベルφ 投稿日: 2018/10/20(土) 01:09:25 ID:1f9Vmwfg [ MODERATOR ]
神奈川の民俗・歴史について語り合いましょう。
狭い神奈川にも方言、風習(ドンド焼きなど)、民間信仰はさまざま。
歴史も有史以前から現代まで、豪族、城、合戦場だけでなく、
歴史上の人物に関する伝承、寺社の歴史、村の歴史、地形、各種遺構などテーマは沢山。

980を踏んだ方は次スレ立て依頼をしてください。

禁止事項
 ・差別問題に関する話題(特定の場所、民族・世代間への差別につながるもの)
 ・近代・現代以降の歴史認識に関する話題
 ・国際紛争、政治や宗教の細かい内容に関する話題
 ・現代の反社会勢力につながる話題
 ・個人情報に発展する話(歴史上の人物の現代における子孫なども含む)
※禁止事項についてはスレの展開次第で追加変更があり得ます。



612 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/04/25(日) 17:40:33 ID:c8sqWfXQ [ softbank126063240163.bbtec.net ]
まん延防止でまた休館になるかと思い、横浜のユーラシア文化館で開催中の
「横浜中華街160年の軌跡」展へ行ってみました。
関帝廟が江戸時代に出来ていたとはびっくりでした(小祠規模ではあったが)。

まん延防止対策の開始後もまだ見られるようです。
http://www.eurasia.city.yokohama.jp/exhibitions/

613 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/04/25(日) 17:54:02 ID:c8sqWfXQ [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>610,>>611
酒匂川の霞堰がある脇の土手上に治水の解説展示をしている小さな施設がありますよ。
酒匂川ふれあい館とかいう名前だったと思います。
施設の脇に聖牛もありました。

614 名前: 中原区民 投稿日: 2021/04/26(月) 05:53:21 ID:4vEPpE3A [ KD106128187080.au-net.ne.jp ]
牛繋がりと言うわけではないが
https://news.yahoo.co.jp/articles/f2f79a981aec298d3d22b458fd0556275aeb486d

615 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/03(月) 19:24:41 ID:JU7ItJrA [ softbank126063240163.bbtec.net ]
行ったこと無かったので南足柄の沼田城趾へ行ってみました。
立て札はありましたが解説なし。
4mほどの切岸が周囲を巡っていて帯曲輪的な造りもありましたが
よくある農地跡にも見える微妙な状態。
城だと言われてみれば土塁らしきものもありましたが...
ネットで縄張り図を見てみたら、西に竪堀があったらしい。
薮で見逃した〜

616 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/08(土) 23:42:25 ID:9LSYWQgQ [ softbank126063240163.bbtec.net ]
御殿場地域では子供の日というか男子の節句で鯉幟をあげるのではなく
4mくらいはある大きな錦絵のような幟を立てるそうです。
おなじことをする土地は神奈川にあるでしょうか。

617 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/09(日) 01:14:13 ID:CBuIGfeQ [ 116-65-152-8.rev.home.ne.jp ]
江戸時代の江戸では,武家は幟(鍾馗など)、町家は鯉幟だったそうな。

618 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/09(日) 09:03:26 ID:Z1j6Ifow [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>617
お〜そうだったんですね。ありがとうございます。
南足柄の郷土資料館で見た幟は鐘馗とか金太郎の絵柄でした。

そういえば静岡は明治になって士族が多かったみたいですが、関係あるのやら。。

619 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/16(日) 16:00:10 ID:Mk6modMg [ softbank126063240163.bbtec.net ]
明治9年頃の小田原の様子を書いた記事に面白いものがありました。
小田原で商売をしていた女性からの聞き書きのようです。

要約
小田原駅(旧宿場のこと)は娼妓貸座敷の流行する土地で、源左衛門なる同渡世の者が
すべての取斗(とりはからい)をしているが、横浜より13里の田舎で規則は凡て旧弊。
借金の掛け方や身柄拘束は江戸時代のままで、高島町(横浜)や東京吉原の規則を聞くと
業つ腹で仕様がないが、去りとて笊蕎麦(私娼)上りの娼妓や
脱走芸妓がいくら化けの皮を粉飾しても花の都へは入れない。
この上は源公を祈り殺すより仕方はないと嘆息している。

人口爆発していた横浜には大規模な花街がありましたが、
明治9年とはいえ、小田原だとまだ江戸時代の社会構造が残っていたのですね。
それにしても笊蕎麦がどうして私娼の意味になるのかよく判りません(笑)

620 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/16(日) 17:20:35 ID:lIE+ah1Q [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>619
笊蕎麦という言い方が出来た当時は、笊蕎麦と夜鷹の値段が同じだった事と、ゴザの上に乗っているイメージが合わさったのではないでしょうか。
あと、ゴザを持った夜鷹は夜売りの屋台で蕎麦を食べてる事が多かったらしいので、それもありそうですね。

621 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/16(日) 20:58:09 ID:Mk6modMg [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>620
なるほどゴザの上か。納得です。
夜鷹の値段なんて考えた事なかったです。衝撃の安さ...

622 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/18(火) 07:05:35 ID:EJJYjSwg [ softbank126063240163.bbtec.net ]
笊蕎麦ですが他の記事でも見られました。
明治10年の高座郡の概況を書いた東京横浜毎日新聞の記事

昨年(明治9)は近代稀なる豊作で笊蕎麦のある地はなかなか盛んなり。

新聞で使っているので、当時は一般常識レベルの言葉だったみたいです。
笊蕎麦のある地とは、1つは藤沢宿でしょうけれど、他はどこなのやら。
長後とか用田なのか。

623 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/18(火) 12:09:41 ID:MNWdBc0Q [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>622
厚木じゃないでしょうか。
鉄道ができるまでは、大山詣では大山街道で厚木経由なので、厚木はたいそう賑わっていたそうで花街もあったらしいですよ。

624 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/18(火) 12:15:57 ID:MNWdBc0Q [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
ごめんなさい
厚木は高座郡じゃないですね

625 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/18(火) 12:30:36 ID:MNWdBc0Q [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
気になったので調べちゃいましたw

JR上溝駅の近くの水郷田名というところが、かつては田名村と言われ、大山詣での人達で賑わっていたようで、ここに花街があり私娼街もあったそうです。

626 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/18(火) 21:58:44 ID:EJJYjSwg [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>625
ありがとうございます。
水郷田名に花街があったとは意外でした。
あの界隈一帯というか相模原全域とも言えますが
養蚕で儲けられたでしょうから花街はあっておかしくないのでしょう。
旅館が名残みたいですが、他にも痕跡が残っているのかも。

花街は集客力があったので誘致の対象でもあったようで、横浜の事例ですが
誘致に失敗して自力で花街を作ってしまった所もあります。

627 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/18(火) 22:21:55 ID:hmYHIpeQ [ softbank126066089004.bbtec.net ]
江戸時代に大山詣でというのは大変にメジャーな娯楽だったそうで
落語にもなっていますね。当然、落語でも大山参りは口実で、実は「買いに行く」事を匂わせていました
当時は有名どころの神社仏閣にお参りするのと「買う」のはだいたいがセットになっていたそうですね

628 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/19(水) 20:12:08 ID:V6LWFeLQ [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>627
伊勢参りとかも、成人への通過儀礼にしていた所があったそうです。
旅先で買うのがそれだったようで、女衆は良い顔をしなかったなんて史料を読んだ事がw

宿場によっては、近隣の村の若いモンが金を遣い過ぎるし風紀が乱れるとクレームが入って
その手の商売を止めたところ、宿場と宿場の間にあった継立場が商売を始めてしまい
一気に客が減って宿場運営の危機に陥った、なんて事例も相模国にあります。
参詣もそうですが、宿場に出る口実と予算があれば確実に寄っていたのかもしれません。

629 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/23(日) 19:04:34 ID:SbZzk9vQ3 [ softbank126063240163.bbtec.net ]
水郷田名へ行ってみました。
渡場が2ヶ所あり、その内の大山道沿いがそうだと判りました
女性達が拝んでいたであろう神社が2つ残っていて(村の鎮守とは別)
往時を偲ぶことができました。
近くの図書室で郷土史を読んでみたら、料亭が建ち並んでいて、芸者の置屋もあったようです。

630 名前: sage 投稿日: 2021/05/24(月) 17:32:30 ID:tR5q0iEg [ fp7cdbe876.knge310.ap.nuro.jp ]
大山詣りは大山→江ノ島→鎌倉→金沢八景→江戸ってのが定番だったらしい
相模原には大山詣りの道(おおやまみち)が数本あるが道者(同者)道などとも呼ばれている

631 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/26(水) 06:09:04 ID:GvNKiwrA [ softbank126063240163.bbtec.net ]
相模原は大山道としてメインで使われていたのが3本あったみたいですね。
境川から相模川への間に広がっていた広大な無人の台地上はどんな感じだったのやら。
柴取りの林しかなかったイメージで、道迷いしないように石仏が置かれていたのか。

632 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/26(水) 10:21:01 ID:XzIb8+uw [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>631
江戸時代後期に出版された「旅行用心集」という本をみると、往時が偲ばれますよ。
現代語訳も出版されています。
図書館でパラパラとみただけなのですが「狐や狸にばかされて道に迷ったら」等もありましたw
各地の温泉の紹介などもあり、当時の旅行ガイドブックであったようです。
「箱根のナントカの湯は痔に効くので男娼が多い云々」とかw

633 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/26(水) 23:31:22 ID:GvNKiwrA [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>632
旅行用心集、面白そうです。

甲州道の大垂水の脇道だったらしき林道を歩いていたとき
いったい合っているのか、ただの作業道なのかと不安になった頃に石仏と出会えて
なにやら妙にホッとしたことがありました。
往時の旅人も似たような感覚を抱いたのかもしれません。

634 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/27(木) 09:32:07 ID:OrBbQjdQ [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>633
なるほど。
道祖神や石仏はそういう目印になるんですね。
そう考えると、一里塚というのも随分と役に立ったんでしょうね。
1時間ごとに一里塚があるというのも絶妙ですね。
なかったら迷ってるという判断基準になりますし、1時間程度なら引き返しても取り返しがつかないほどのタイムロスにはならなさそうです。
平地なら、ちょっと歩けば次の一里塚が見えそうだし。

調べてみたら、神奈川で現存している一里塚は、畑宿(箱根)と茅ヶ崎と品濃(東戸塚)の3つしかないようです。
3つと言っても、箱根は最近復元したもの、茅ヶ崎は片側だけなので、両側とも残っているのは品濃だけみたいですね。
品濃一里塚は両側とも残っていて、なおかつ塚の周りが公園になっているので、往時を偲ぶには中々良さげです。
一里塚があるような主要街道沿いは目まぐるしく開発が行われるので、このように残ってるのは貴重ですね。
400年もの年月、色んな人が通り色んなドラマがあったんでしょうねぇ。

635 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/27(木) 21:13:12 ID:35E7fKJA [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>634
街道筋の石仏は道標になっているものが少なくないです。
道標ばかり調べているサイトもあります。
道標になっていない石造物でも、建立者の所属する村名が彫られていることが多いので
それも現在地を知る上で重要な情報になったでしょう。

残っている一里塚ってそんなに少ないのですか。
多分全部見てます(笑)。
小田原で石仏資料に載っていない石仏の情報が郷土史料にあって捜しに行ったのですが
一里塚から脇道へ入って、という紹介の仕方でした。
ところがその一里塚が平成になる前後あたりに道路拡張工事で無くなったらしく
場所を特定するのに一苦労したことがあります。

636 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/28(金) 05:25:24 ID:nw/A6jvg [ 27-142-70-222.rev.home.ne.jp ]
藤沢、茅ヶ崎市境の国道1号付近に住んでいます。
犬の散歩で近くをうろつくと東海道からちょっと入った何でもない路地角等に古い石仏や道祖神を沢山見ることができます。
見通しの良かった昔は街道沿いからも見えたのかもしれませんね。

637 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/28(金) 11:36:31 ID:T5UyHA7w [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>635
一見すると一里塚はこんもりしたただの雑木林ですし、一里ごとにあるとなるとレア度も低いですから、バンバン整地されてしまったんでしょうね。
昭和の中頃の地図を見ると、一里塚の辺りは荒れ地記号があるのみなので、あの地図を見て開発計画をたてたら躊躇なく整地対象になっちゃいますね。
むしろ整地せにゃいかんという気にすらw

茅ヶ崎の一里塚から烏帽子岩が見えたそうですが、あそこからあの高さで見えるんですかねぇ。
無くなってしまった反対側が高かったのか、違う一里塚の事なのか。

638 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/28(金) 12:19:36 ID:T5UyHA7w [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>635
なるほど、石仏に彫られている文字からも情報を得られたんですね。
ひと気のない場所で人工物を見つけるだけでもホッとしそうです。

>>636
その細い道も、昔は村と村をつなぐ街道だったのかもしれませんね。
江戸時代半ば頃の資料に、芹沢の辺りから中原往環(平塚-江戸)につながる御江戸道という新道の事が書かれており、東海道だと14里のところ12里でつくとか。
当時、片瀬から茅ヶ崎の海岸辺りは幕府の鉄砲演習場になっていたようなので、最短距離で江戸に帰るために、お住いの辺りの道は御江戸道に出るためにそこそこ往来のある道だったのかもしれません。
あ、その辺りは大山街道(田村道)もありますよね!

そういえば、その辺りには小和田の熊野神社、辻堂の諏訪神社と鐘楼のある神社が2つもあるんですよね。

639 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/28(金) 12:52:25 ID:T5UyHA7w [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>636
今調べたら、その辺りは厚木道という藤沢から大庭経由で用田に抜ける道もあったようです。
もう一つ、鵠沼から八王子道へ抜ける道もあったようで、はっきりルートが記載されているものは見つけられなかったのですが、ルート的にはその辺りを通ったのではないかと思います。

国道1号線沿いの藤沢茅ヶ崎の市境い辺りは、主要街道だけでも東海道、大山道、厚木道とあり、他の脇道も沢山あったみたいですね。

640 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/28(金) 17:59:35 ID:nw/A6jvg [ 27-142-70-222.rev.home.ne.jp ]
>>639
色々とお教え頂きありがとうございます。
樹齢数百年はあるという樹木の傍らに小さな祠があったり、古い大きなお屋敷もあるので、昔から往来が多かったのでしょうね。
今度からは、ぼんやり歩いていないで少し気にして見るようにしてみます。
熊野、諏訪の両神社共に凛とした雰囲気が素敵な場所です。

641 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/29(土) 06:27:47 ID:Ejr4C6RQ [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>636
二ツ谷稲荷から水道道〜大山道はよく使います。
お盆になると砂盛りが出るエリアで好きなルートです。

路傍の石仏は、江戸時代の街道絵図だと、村への入口あたりに高い確率で置かれていたようです。
悪いものが村へ入らないように防ぐという説明はなされていますが、単純に村への目印の意味もあったでしょう。
ところが村の中にも石仏は置かれていて、そうなると置かれた場所の意味は色々になります。
そこを想像するのが面白い所ではあります。

642 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/29(土) 07:19:08 ID:Ejr4C6RQ [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>637
茅ヶ崎の一里塚から烏帽子岩...
一里塚の上に登れば見えたのかもしれませんね。
あるいは道自体の標高が今より若干高かったのかもしれません。

車道はできるだけ平坦にしますから、高い所は低く、低いところは高く変わってます。
東海道筋だと上に出ている藤沢茅ヶ崎の境目あたりには歩道が車道より1mくらい高い場所も。
あの高さが江戸時代の東海道の高さだったのかも。

643 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/29(土) 13:50:59 ID:MsJXLhFQ [ 27-142-70-222.rev.home.ne.jp ]
>>641
石仏にも色々な意味があるのですね、勉強になりました、ありがとうございます。
お盆砂盛りを出す家も近年は減ってきましたが、20〜30年前は50cm四方位の華やかなのでご先祖をお迎えしている御家庭もいくつか見られました。
素敵な風習ですよね。

644 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/29(土) 18:26:09 ID:QHRu+zkw [ 36-3-199-167.kanagawa.fdn.vectant.ne.jp ]
石仏やお地蔵さんにいつ通っても花を生けてあったり周辺をキレイにお世話されてる方がいらっしゃいますが感服します
それは全体の極少数ではありますが、頭が上がらないですな

645 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/29(土) 18:43:24 ID:Ejr4C6RQ [ softbank126063240163.bbtec.net ]
昭和7年5月の新聞記事から要約

大磯駅裏手の山へ松露採りに行った地元民が、若い男女の遺体を発見。
男は慶応大学の学生服だったが身許不明だったので、とりあえず大磯の寺に仮埋葬した。
ところが翌朝、女の遺体だけ埋葬地から無くなっていた。
翌日、海岸で全裸の遺体が発見され、謎の事件として当時のマスコミが大騒ぎ。
坂田山心中事件、純潔の悲恋として全国に知られ、映画「天国に結ぶ恋」にまでなった。

後日、町で比翼塚を建てる計画が持ち上がり、実際に建てられたが、有名になりすぎて
自殺の名所のようになってしまったため、色々な経緯を経て現在は鴫立庵に移設。
男の墓は多摩霊園に造られたが、二人を夫婦として供養。
そして今年、その墓は消えるかもしれないようです。
http://www6.plala.or.jp/guti/cemetery/PERSON/S/zusho_go.html

646 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/01(火) 23:51:51 ID:UP/2jW4g [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>632
旅行用心集、私もパラパラと読んでみました。
内心、宿場のしつこい飯盛旅籠の客引きを断る方法とかを期待していたのですが
基本的に真面目な旅行入門ガイドで、その手のことはほぼ触れられておらず。
でも、ほほーと読めました。

ご指摘の男娼に人気のある湯の所だけやけにくだけた感じで私も印象に残りました(笑)

647 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/04(金) 06:42:13 ID:rkfwpORQ [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>646
箱根の底倉温泉は江戸時代には賑わっていたようですね。
今も昔も、箱根は江戸からの行楽に適度の距離なようでw

今調べたら、底倉温泉は秀吉の小田原攻めの時の野営地だったようですね。
その時の落ち武者7人が現在の上溝辺りまで逃げ、田畑を耕し村を作ったのが田名村みたいですよ。
たまたまこのスレで話題に出た地名が、偶然にも繋がってびっくり。

片方は花街、片方は男娼に人気w
勝った方と負けた方。
その対比もまた面白いですね。

648 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/04(金) 20:57:55 ID:xYVdJLxA [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>647
底倉、男娼でググってみたら、それを歌った江戸川柳のサイトがありました。
〜底倉へ菊の療治に痔童来る〜
この手の川柳がずらずらとw
江戸っ子の一般常識だったようですね。

底倉は秀吉の湯とかありますものね。
石垣山城の他にも千利休が茶室を構えた江之浦とか、広範囲に遊んでいて
小田原攻めは秀吉にとってはかなり余裕があったのでしょう。
後北条が勝てるわけなかったんだなと思います。

上溝に後北条の落ち武者ということですか。
県内で武田関係の移民伝承はかなり見聞していますが、後北条は初めてです。

649 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/05(土) 12:37:08 ID:LlymA6vw [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>648
仰っしゃる通り(記憶が曖昧なので間違っているかもしれませんが)秀吉軍15万に対し北条3万5千では力の差がありすぎですよね。
そう言えば、その3万5千は裏打ちする資料があるようなので、実際にそれだけいたのは事実のようですが、不思議な事に後北条の戦力は1万程度だったという資料もあるのです。
2万5千人はどこから湧いたのでしょうかw

落ち武者関係の話は、どこの地域でも眉にツバつけて聞いた方がいいものばかりですよねw
性質的に口頭で伝承されるものなので、どこまでが真実なのか全くわからないです。

ただ、田名の7人の落ち武者に関しては少し興味深い話がありまして、中村(だったかな?)の7人の有姓百姓が北条家のためにずいぶん頑張っていたという話をどこかで読んだ記憶があります。(これまた記憶が曖昧なので色々間違っているかもw)
今の中井町にも久所という地名がありますし、その中村の7人が田名に移住し落ち武者伝承の元になったのかなぁと想像しております。

650 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/05(土) 19:19:12 ID:Vo66cHMA [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>649
私もほとんど知識はありませんが、たしか騎馬武者1に郎党2(従者と使い走りとか)の3人ワンセットが最小単位で、あとは禄に応じてそのセットが増えるという説明を受けた事が。
これだと実際の戦闘員は1人だが軍勢としては3倍でカウントされますので、3万5千の軍勢も戦力は1万1千ほどになる計算です。
案外これなのでは。

武田の移民に関しては、真実も多いのではないかと思っています。
八王子の千人同心に代表されますが、徳川の施策で移住させられた旧武田領民というか家臣団ではないかなと。
ほとんどが帰農していますが、寺も移って来たようで、その伝承を持つ寺も複数あります。
それを調べている人もいるようなのですが、具体的な情報はもらえていません。

田名に関してもありそうな話しだと思います。
似たようなネタもありますが、長いので次に。

651 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/05(土) 19:46:28 ID:Vo66cHMA [ softbank126063240163.bbtec.net ]
子孫が現存しているので具体的な名字や地名は控えます。
お寺さんの名前は複数資料に出ているので問題ないようです。

子孫とお寺さんの話しをざっくりまとめると以下。
三浦氏に加勢した一族がいたが、後北条に負け、一族の主立った者も3人死んでしまった。
その結果、檀那寺から檀家を外れてくれろと言われてしまった。
これは、そういう一族が檀家だと朱印をもらえなくなるとかの理由でしょう。
困った一族は近隣の複数の寺に檀那になってくれと頼み込んだがことごとく断られた。
宗派を変える覚悟も示したがダメだったので、元の寺から直線で7kmほど離れた能永寺にも頼み、やっと受け入れてもらえた。
喜んだ一族は能永寺に対して、子々孫々檀家でありつづけるとの証文を出した(1516年)。

この一族が最初に檀家だった寺の近くに住んでいたと仮定すると、今は6kmほど離れた土地に住んでいるので、旧所領から落延びたのでしょう。

という事例がありますので、後北条に加勢していた一族が落延びることはありそうです。

652 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/06(日) 09:45:38 ID:9iY4ADig [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>650
3人セット!そうでした!
軍役は馬で出陣する事と槍持ちと指物持ちを随行させる事は義務でしたね!

じゃあその分がカウントされて3倍なのかと納得しながら、つらつら資料を見ていたら、そうとも言えないのかもしれないという物を発見してしまいました。

ちょっと長くなりますが、順を追って説明いたしますね。
当時の豪農達は、農家をやりながら時には戦争にも行くものだと、私は思っていたのですが、年貢を納めるものと年貢の代わりに軍役を行う者は台帳でキッチリ別れていたようです。
そして、軍役で奉仕している豪農達は百姓軍というという部隊に配属され、手柄次第によっては侍に昇格。
つまり、年貢を払う立場から禄を貰う立場に。
とはいえ、この百姓軍が手柄を立てることは珍しいようで、北条五代記には、二人の百姓が敵の首をとった事を珍事だの前代未聞の働きだの書かれています。(ちなみにこの百姓、一人は相打ち、一人は侍に昇格)

で、ここからが本題。
後北条は、秀吉の小田原攻めを迎えるにあたり、兵力増強をはかり、軍役負担ではない豪農達も半ば強制的に軍事動員したようです。
かなり切羽詰まってたんでしょうね。
でもまあ、元々あまり役にたたない百姓軍に、何の経験もない人達を増員しても兵力増強になる訳もなく...
なので、秀吉vs後北条は、目に見える数字以上に戦力差があったようです。
どうもこれが3倍のからくりであり、「百姓は戦争があったら戦争に行く」という兵農未分離のイメージの元であるようです。

ちなみに、トップが代わると、侍に昇格した百姓も「お前やっぱ百姓ね」と百姓に戻されてしまう事も多かったようです。
そうなると、大抵の場合は、百姓上がりの侍の所領は自分の土地(つまり年貢として納めていたものがその侍の禄になる)なので、場合によっては、領地取り上げ=自分の土地取り上げられる、になるので他所に流れるしかなくなるみたいです。
もちろん、それが全てではないので、仰るように檀家の問題などもありそうですね。

653 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/06(日) 09:57:08 ID:9iY4ADig [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>644
服や帽子を着せてあったりもしますね。
でももう、そういうお地蔵さんもあまりみなくなってきました。

お地蔵さんと言えば、私の実家の辺りでは、どんど焼きは道祖神を祀るためのもので、その近くの空き地などでやっていたのですが、周りが住宅地にばかりになってしまった今は、いったいどこでやっているのやら...
どこかの空き地を借りてやっているのか、それとももうやっていないのか。
どちらにしても道祖神を祀る意味合いは消滅してそうです。

654 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/06(日) 10:05:43 ID:9iY4ADig [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>645
こんな事件があったとは全く知らず、興味深く読ませていただきました。
どちらもしっかりした家系なので、親戚筋は簡単にわかりそうですけどね。
私がチョロっと検索しただけでも沢山出てきましたがw
まあ、ビジネスライクに処理をするとなると、わざわざ調べて連絡取ってなんて事はしないんでしょうねぇ。

それよりも、1ヶ月で映画化配給が一番驚きました。
はやっ!

655 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/06(日) 11:01:39 ID:f938LDPw [ sp49-98-158-98.msd.spmode.ne.jp ]
>>651
ふーむ
江戸時代の寺請制度以前にも、「どこかのお寺に所属しなくちゃ!」と言う同調圧みたいなものはあったんですかね
そこまで

656 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/06(日) 15:49:40 ID:FUAdxfDQ [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>655
同調圧というより、それだけ信心が濃い時代だったのだと思います。
先祖を供養できなくなるとか、自分達以降の一族も供養してもらえないのは恐怖に近い部分もあったのではと。
特に戦をする階層にとっては切実で、戦国武将はだから寺社へ領地などを寄進して自身の供養を願ったのでしょう。

657 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/06(日) 15:51:59 ID:FUAdxfDQ [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>652
なぜか返信文中にNGワードがあるみたいで、長文を2回NGくらったのでシンプルにお礼を。

軍勢の数だけでなく質も大差があったのですね。
ちょっと農兵というか雑兵に興味が出てきました。
雑兵物語をちゃんと読んでみます。

658 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/06(日) 18:02:40 ID:FUAdxfDQ [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>654
天国に結ぶ〜を調べたのは、大磯の鴫立庵に比翼塚があったからです。
おや、何か世間に知られた心中でもあったのかと。

今迄にも2、3見たことはあって、特に由来が無いケースもあったのですが、たぶん、と思っていました。
ところが比翼塚は仲の良い夫婦を一緒に供養する時にも建てるようで、むしろ今はそちらの方が多いみたいです。

659 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/11(金) 12:10:22 ID:aCIeiCIg [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>658
大磯といえば、澤田美喜記念館には行かれましたか?
エリザベスサンダースホームの設立者の小さな記念館なのですが、彼女は隠れキリシタングッズの蒐集家だったようで、記念館はそれらのもので溢れています。
というか、どちらかといえばご本人の偉業よりもそっちがメインw
光を当てて反射させるとキリストが現れる魔鏡やマリア観音、初めて目にするものも沢山ありました。
キリスト教弾圧下において信仰を守り抜いたのは、ほとんどが貧しい農民だったそうで、どのような思いでそれらの物を持っていたのか。
これもまた江戸時代の隠れた側面だなと色々考えさせられました。

660 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/13(日) 07:06:14 ID:IFzfxhgA [ softbank126063240163.bbtec.net ]
>>659
サンダースホーム行きました。
あそこは凄いですね。
1600年頃の切支丹図を所蔵しているので観に行きました。
石仏に十字のアイコンがあると、これは隠れ切支丹のものだと指摘する人もいますが
サンダースホームの展示物を見ると、絶対にバレないように隠していたことが判って
十字アイコンを堂々と表に出すなんてありえないと痛感しました。
ちょっとでも疑われたら、すぐ通報される時代でしたし。
ただ、澤田氏は業者が持ち込むものを買っていたそうで、中には怪しいものもあるそうです。
実際、今はほとんど否定されている織部灯籠とかもありました。

隠れにならずに済んでいた時代だと江戸にもいて、東京駅で切支丹墓が発掘されているはずです。

661 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/13(日) 18:45:22 ID:IFzfxhgA [ softbank126063240163.bbtec.net ]
あ、例外を思い出しました。
石造物の十字アイコンですが、能勢氏の矢筈十字家門はもう十字架そのもの。
都内、池上本門寺の墓地で見ました。
元キリシタン大名で、禁教後に法華へ改宗したから問題は無いみたいですが、よく使い続けたものです。

662 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/06/15(火) 07:04:44 ID:mt+XEQ6A [ softbank126063240163.bbtec.net ]
水郷田名の花街を教えて頂いてから、花街の信仰に興味を持ちました。
軽い気持ちで県内の花街・色街を調べ出したのですが
江戸時代の宿場と遊廓以降、
明治5年の娼妓解放令以降の三業地、二業地
昭和21年の公娼制廃止
昭和33年の赤線廃止
大雑把に見てもこれだけのエポックがあって、そのたびに業態や場所が変わっており
加えて、非公式の場所まであると判り、いったい何ヶ所あったのかすら把握できなくなってしまいました.

ネットには色々出ていますが、知っている場所がいくつか載っていなかったりして
こういうのを調べてまとめている人は大変なんだなと痛感している最中です(笑)

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05