掲示板に戻る | ルール(必読) | レスを全部読む | 最新レス50
神奈川の民俗・歴史 1
634 名前: STAY HOME 神 奈 さ ん 投稿日: 2021/05/27(木) 09:32:07 ID:OrBbQjdQ [ M106073073161.v4.enabler.ne.jp ]
>>633
なるほど。
道祖神や石仏はそういう目印になるんですね。
そう考えると、一里塚というのも随分と役に立ったんでしょうね。
1時間ごとに一里塚があるというのも絶妙ですね。
なかったら迷ってるという判断基準になりますし、1時間程度なら引き返しても取り返しがつかないほどのタイムロスにはならなさそうです。
平地なら、ちょっと歩けば次の一里塚が見えそうだし。

調べてみたら、神奈川で現存している一里塚は、畑宿(箱根)と茅ヶ崎と品濃(東戸塚)の3つしかないようです。
3つと言っても、箱根は最近復元したもの、茅ヶ崎は片側だけなので、両側とも残っているのは品濃だけみたいですね。
品濃一里塚は両側とも残っていて、なおかつ塚の周りが公園になっているので、往時を偲ぶには中々良さげです。
一里塚があるような主要街道沿いは目まぐるしく開発が行われるので、このように残ってるのは貴重ですね。
400年もの年月、色んな人が通り色んなドラマがあったんでしょうねぇ。

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05