■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
神奈川の民俗・歴史 1
321 名前: 神奈さん 投稿日: 2019/03/08(金) 21:58:39 ID:bWxGhVQw [ fp7cdbe876.knge310.ap.nuro.jp ]
>>320
自然災害を避けるためのお祭りですね
年間幾つかの祭がありますが、他の祭は神主に来て貰います
ほかの小さなお社(お稲荷さんが多い)も数軒くらいから50軒位が集まって講中を形成して維持しています
その社のお祭りも住職に来てもらい法楽をして頂いています
私が所属している稲荷には江戸時代に伏見稲荷から頂いた正一位の證書がありますが、その證書は現在法楽を
して頂いているお寺さん宛の名になっています
神仏習合から分離の歴史を知らない人には不思議に思うようですが
300年以上前から庚申、地神、道祖神などの小さな石塔から村社までをお祀りし、それぞれの祭礼を斎行して
きたのはその土地のお寺の仕事だったのは自然な事の様に私などには感じますね

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05