■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
★道内のニュース総合スレ★12 【NEWS】
194 名前: なまら名無し 投稿日: 2019/10/19(土) 06:40:46 ID:gLgSbiIQ [ softbank126153052146.bbtec.net ]
全面禁煙のはずなのに屋上に“喫煙所”検討 北海道庁本庁舎 医師会の会長「もってのほか」
北海道放送 10/18(金) 18:46配信
昼過ぎの道庁。職員が向かう先は、プレハブの喫煙所です。
7月から、道庁などの行政機関では敷地内は全面禁煙になりました。
しかし、このプレハブは、道庁を訪れた人が通常立ち入らない「特定屋外喫煙場所」として例外的にタバコを吸えるのです。
およそ900人が利用しているといいます。
この場所は道議会の新庁舎の駐車場になるため、プレハブは来年5月ごろ撤去されます。
そこで道が新しい喫煙所を検討していることがわかりました。
その場所とは。
「新しい喫煙所の設置場所として浮上したのが、ここ、12階建ての本庁舎の屋上です」(記者)
道は、現在のようなプレハブではなく、安全のための柵を取り付けることを検討しています。
道は、道議会新庁舎の喫煙所設置問題が議論されている中、先月、屋上の視察を終えていました。
道の動きに対し、道議会の喫煙所設置に強く反対してきた北海道医師会の長瀬会長は…。
「(喫煙所設置を)役所がやるのは、もってのほか。大反対」「自分たちにも厳しくやるべきであって、そして初めて道民にこうするべきだという意見や政策を出していける」(北海道医師会・長瀬清会長)
道は今後、職員の労働組合とも話し合い、設置するかしないか検討するということです。
道などによりますと、職員向けの喫煙所は全国36の道府県庁にあり、このうち17の県は屋上に設けているということです。

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05