■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
'70年代頃の仙台を語るスレ(12)
405 名前: ゆきんこ 投稿日: 2018/11/08(木) 00:00:09 ID:7mmnYm8w [ p263226-ipngn902aobadori.miyagi.ocn.ne.jp ]
仙石線の改札を出て線路沿いに歩いて交差点を左に曲がり、踏切を渡る、
交番前を通過して信号交差点を右に曲がると、鉄砲町通り、その商店街を
真直ぐ県立図書館へ夏休みに歩いて通った事を思い出す。
通り沿いに三浦精肉店、イタガキ果物店、古びた草履屋に餃子工場、中條整形を
通過すると、やっとこさで県立図書館に到着。
夏にエアコンが効いた処で長時間過ごせる県立図書館は、当時大人気で会館前から長蛇
の列、いい順番を確保するのと、東華中のおさげの子が気になって路を急いだものだ。
裏のポルノ映画館のベルが鳴ると同時に9時の開館だったかな?
映画館は、残念ながらお世話にならなかった。
県立図書館での昼食も楽しかったな、カツ丼、親子丼、他人丼、ラーメンに炒飯、
何と言っても、アルミの楕円形皿に盛られたカレーライス、ライスがラグビーボウル
半分の押し型で盛られて、緩めのポークルーが美味しかったな。
帰りは、来た道を真直ぐ戻り三浦肉屋通過後交差点を曲がらず直進すると、猫屋が
あり、シャム猫やロシアンブルーとか高級な猫が売られていて、よく覗いたものだ。
その近辺に蛇屋も並んでいたような、そして地下道を通り、名掛丁に出て仙台書店へ
、そこで立ち読み、時間潰しをした曖昧な記憶がふと蘇る。
お曖昧なので肉付けをお願いします。w

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05