■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
自治体の行政・政治家・選挙情報を語るスレ【大阪板】 Part17
767 名前: ななしやねん 投稿日: 2019/01/11(金) 01:42:16 ID:HAQ1TM1g [ OSCfx-07p5-86.ppp11.odn.ad.jp ]
>>756
>府の財政難によって財政調整交付金が特別区外に予算が回されることは考えられません。

特別区外に流用される可能性が有るのは
調整3税(大阪市から府に移管した固定資産税、市町村民税法人分、特別区土地保有税)
-(府から特別区に交付される都区財政調整交付金)-(市から府に移管した業務の費用)

その他に大阪市から府に移管する都市計画税、事業所税は「大阪市の過去の事業への充当実績を
勘案し、事務分担(案)に応じて、特別区と大阪府双方の事業に充当」で昨年8月の特別区素案では
特別区53%、大阪府47%。 この大阪府分は府の事業に廻る。

「税源の配分及び財政の調整に関する事項」は特別区設置協定書に書かなければならない事項なので
協定書の本文に「特別区内だけで調整財源を使う」と明記されていない以上
現在の東京都と同じように調整財源から都区財政調整交付金を差し引いた残りの使途は府の自由。
大阪市域内だけで使われる保証はない。 
たとえ維新にその気がなかったとしても一旦、特別区になれば永久に特別区。他党が府政を握れば法令の条文が全て。

地方自治法 第二百八十二条の財政調整交付金の目的「都と特別区及び特別区相互間の財源の均衡化を図り、
並びに特別区の行政の自主的かつ計画的な運営を確保するため」と協定書本文p6の「大阪府と特別区及び
特別区相互間の財源の均衡化を図り、並びに特別区の行政の自主的かつ計画的な運営を確保するため」、
そして現在の東京都が調整3税の使途を特別区内に限定していない事。これらを
府側に盾にされたら、もし流用されて特別区側が府相手に行政訴訟しても区側に勝ち目はない。

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05